• Facebook
  • Pinterest
  • Instagram
Sep.27

乾燥肌に“W洗顔”はNG! そのお肌、傷ついているかも?

どんなに疲れて帰ってきた夜も、どんなに忙しい朝でも、お肌の手入れは欠かせません。しっかりメイクをした日は、クレンジングと洗顔の“W洗顔”でメイクと汚れをきれいに落とすという方も多いはず。しかし、乾燥肌の方の場合は、かえってお肌を傷つけてしまっているかもしれません。では、お肌が敏感な場合にはどのようにメイクを落とせばよいのでしょうか?

W洗顔が逆効果になることも! クレンジングだけでいい理由とは

洗顔は、しっかり洗えばいいというものではありません。メイクや埃、余分な皮脂などは毎日しっかり落とす必要がありますが、洗いすぎてしまうと必要な皮脂まで落としてしまうことがあるのです。
皮脂は、お肌を紫外線などの刺激から守り、保湿までしてくれる“天然のクリーム”。洗いすぎてしまうと、必要なバリア機能まで奪ってしまうことになります。

しかも乾燥肌の場合は、このバリア機能がとても弱い状態。W洗顔は肌を傷つけ、肌荒れやニキビの原因となってしまう可能性があります。そのため、メイクを落としたあとは洗顔をしないほうが無難です。お肌の潤いを保つためにも、強い刺激を与えないことを意識しましょう

クレンジングには、お肌に残った埃や古い角質なども洗い落とせるタイプがおすすめ! そういったクレンジングであればW洗顔が不要になるので、お肌に負担をかけずきれいにすることができますよ。

W洗顔不要のクレンジングのなかでおすすめなのは、“ちゅららクレンジングローション”です。
ここからは、ちゅららクレンジングローションの効能とその使い方を紹介していきます。

一度で洗えて乾燥肌に優しい“ちゅららクレンジングローション”

ちゅららクレンジングローションは、沖縄の天然素材がギュッと詰まったクレンジングです。お肌に優しい成分がたくさん入っているので、乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

ちゅらら
これが、ちゅららクレンジングローション。メイクを落とす際のクレンジングとしてはもちろん、ノーメイク時の洗顔としても使える優れものです。

ちゅららを手に取る
まず、ちゅららクレンジングローションを数量、手に取ります。

肌になじませる
ローションを優しくお肌になじませ、メイクを落としていきましょう。
このとき、コットンを使ってメイクを拭き取れば、厚手のメイクでも楽に落とすことができますよ。

水で洗い流す
メイクが全部落とせたら、水やぬるま湯でローションをしっかり洗い流していきます。ローションがお肌に残らないよう、回数を重ねて洗い流すことが大切ですが、ゴシゴシとこすらないように注意しましょう

タオルで顔を拭く
きれいなタオルで優しく押さえるように水気を取れば、完了!
ちゅららクレンジングローションはメイク落としだけでなく、洗顔や保湿の役割も果たしてくれます。そのため、洗いすぎでお肌に負担をかけずに潤いキープまでできちゃうのです。

ちゅららクレンジングローションが洗顔や保湿もこなせるのは、沖縄で古来より親しまれてきた天然素材によるもの。たとえば、パパイヤから抽出される美肌酵素“パパイン酵素”はお肌の垢を分解し、洗い流すのを助けています。潤い効果があるのは、ミネラルバランスが理想的な久米島の海洋深層水、強い抗酸化力で琉球王朝時代から愛されてきた大輪月桃のエッセンスのおかげ。ちゅららクレンジングローション1本でお肌のスキンケアができるので、オトク感がありますね。

ちなみに、ちゅららクレンジングローションはお近くのイオンで購入することが可能です。
「乾燥肌を改善したい……」という方は、ぜひ一度試してみてください!

お肌がきれいなら毎日が楽しい!

お肌の調子がなかなか上がらないと、心のストレスも少しずつ溜まっていってしまうもの。反対に、お肌をきれいにキープできたら、自分に自信が持てるようになって自然と笑顔も増えてくるはずです。

乾燥肌に悩まされているという方は、ぜひ一度スキンケアを見直してみてください。W洗顔をやめることで、グンと改善されるかもしれませんよ。

イオン琉球のWebチラシ お得な情報はコチラ