「変化」と「挑戦」
~地域のお客さまの豊かな暮らしの実現へ向けて~

イオン琉球株式会社

代表取締役社長  佐方さがた 圭二けいじ

イオン琉球株式会社は、株式会社プリマート(1975年創業)と沖縄ジャスコ株式会社(1990年創業)が1999年に合併し、琉球ジャスコ株式会社を発足、目まぐるしく変化する環境の中、その変化にスピードをもって対応し、地域に根差し、地域とともに夢のある未来を支えていくお手伝いをするために2011年5月21日に「イオン琉球株式会社」と社名を変更し現在に至ります。
40年以上もの間、地域の皆さまに支えられていることに心より感謝申し上げます。

私たちイオン琉球株式会社は、イオンの基本理念である「お客さまを原点に、平和を追及し、人間を尊重し、地域社会に貢献する企業」として、また「沖縄県に根差したグローカル企業」として、地域のお客さまの豊かな暮らしの実現を目指し、変化と挑戦を続けるとともに、環境保全・社会貢献についても小売業の使命として様々な活動に取り組んでおります。
お客さまのライフスタイルが変化するなか、画一的な店ではなく、イオン琉球ならでは、沖縄ならではの店を作りお客さまのご要望に応えていきます。

2011年には沖縄県とイオン株式会社が包括的連携協定を締結しました。包括的連携協定とは、沖縄県とイオン株式会社が双方の資源を有効に活用して「沖縄県の活性化」「県民サービスの向上」に相互協力して取り組む内容です。
その一環として、お買い物で出来る社会貢献活動として、お支払い金額の0.1%が地域振興に活用されるご当地WAON、「首里城WAON」「おきなわエイサーWAON」「石垣島ゆいまーるWAON」「エコアイランド宮古島WAON」の4枚を発行しております。
各WAONカードは全国どこでご利用いただいても、そのご利用金額の0.1%を沖縄のために役立てることができ、2010年の発行からこれまでに累計約4,170万円を各団体さまに寄付させていただいております。
また、環境保全のための植樹活動や災害支援募金、地域活性化につながる地産地消・全消を推進し、県産品の販路拡大にも取り組んでおります。

イオンの企業理念のもと、グループのグローバルな力とイオン琉球のローカルの良さを併せ持つ「グローカル企業」として、地域のお客さまの豊かな生活を応援し、地域に根差した企業として、これからも変わらず地元のみなさまに愛されるお店づくりに邁進してまいります。