CO2削減に向けた取り組み

イオン琉球では、環境保全活動をお客さまとともに積極的に推進しています。
その代表的な例が、買物袋持参運動と店頭リサイクル回収です。物袋持参運動は、レジ袋の使用を控えて頂くことで、省資源とCO2排出削減を意図しています。
店頭リサイクル回収は、食品トレイや紙パックを店頭回収することで資源の再利用を図り、家庭ごみを少しでも減らそうとするものです。

イオン琉球CO2排出削減量

店頭リサイクル回収

回収ボックス

店頭リサイクル回収当社では、牛乳パック、食品トレイ、アルミ缶、ペットボトル(一部店舗)の回収ボックスを店頭に設置し、リサイクル活動を促進しています。回収された牛乳パックは、県産古紙としてトイレットペーパーなどに再製品化されています。

トレイ→トレイ/牛乳パック→トイレットペーパー/アルミ缶→レンジガード
[リサイクルボックスもご利用ください!]

回収実績

年度 トレイ 牛乳パック アルミ缶
2010年度 19,990kg 44,768kg 8,356kg
2011年度 19,780kg 33,107kg 7,517kg
2012年度 23,680kg 30,830kg 7,698kg
2013年度 15,354kg 33,578kg 25,773kg
2014年度 12,775kg 31,245kg 26,232kg
2015年度 9,668kg 24,064kg 19,616kg
2010年度
トレイ 牛乳パック アルミ缶
19,990kg 44,768kg 8,356kg
2011年度
トレイ 牛乳パック アルミ缶
19,780kg 33,107kg 7,517kg
2012年度
トレイ 牛乳パック アルミ缶
23,680kg 30,830kg 7,698kg
2013年度
トレイ 牛乳パック アルミ缶
15,354kg 33,578kg 25,773kg
2014年度
トレイ 牛乳パック アルミ缶
12,775kg 31,245kg 26,232kg
2015年度
トレイ 牛乳パック アルミ缶
9,668kg 24,064kg 19,616kg

ペットボトルキャップ

イオン琉球では、2008年11月1日よりペットボトルキャップのリサイクル回収しており、イオン琉球全店(イオン・マックスバリュ・ザ ビッグ)にてペットボトルキャップの店頭回収を行い、その収益金を「世界の子どもたちに笑顔を!!」をキーワードにした団体様へ寄付致します。夢のある持続可能な社会の実現に貢献し、未来を担う子供たちの健やかな成長を育むという思いより、実施しております。

お客さまのご協力で集まったペットボトルキャップは、さまざまな企業さまのご協力で、イオン㈱を通じて下記支援先団体さま通して世界の子どもたちに届きます。ペットボトルキャップ約2000個で子ども1名分の支援が可能になります。

支援先団体

ペットボトルキャップで世界の子どもたちに笑顔を!キャンペーン
  1. 「NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)(ワクチンで支援)
  2. 「社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」(栄養給食で支援)
  3. 「社団法人日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン)」(文房具で支援)
年度 回収量 支援人数
2008年度 3,130kg 574人
2009年度 27,450kg 5,032人
2010年度 34,700kg 6,361人
2011年度 31,870kg 5,843人
2012年度 28,190kg 5,168人
2013年度 24,400kg※1 4,474人
2014年度 10,130kg※2 1,857人
2015年度 19,296kg※3 3,538人
累計 179,166kg 32,847人
2008年度
回収量 支援人数
3,130kg 574人
2009年度
回収量 支援人数
27,450kg 5,032人
2010年度
回収量 支援人数
34,700kg 6,361人
2011年度
回収量 支援人数
31,870kg 5,843人
2012年度
回収量 支援人数
28,190kg 5,168人
2013年度
回収量 支援人数
24,400kg※1 4,474人
2014年度
回収量 支援人数
10,130kg※2 1,857人
2015年度
回収量 支援人数
19,296kg※3 3,538人
累計
回収量 支援人数
179,166kg 32,847人

※12013年度までは9月〜8月までの1年間集計。

※22014年度9月〜2月までの半年分の数量。

※32015年度より3月〜2月までの1年間集計。

(2008年11月1日よりペットボトルキャップキャンペーン開始)

ペットボトルキャップ
キャンペーンQ&A

ペットボトルキャップ回収を実施している店舗はどこですか?
沖縄県内のイオン、マックスバリュ、ザ ビッグの全店で実施しております。
どこに持っていけばいいですか?
店頭に設置しているペットボトルキャップ回収BOXに投函お願いします。

  • 缶、瓶、ペットボトル本体、金属製のキャップ、プルトップ、その他ゴミ等は、絶対に投函しないようお願いします。
  • ペットボトルキャップの洗浄をお願いします。

その他お問い合わせ

イオン琉球㈱環境・社会貢献課

098-889-5464

http://www.aeon.info/environment/manifesto.html

商品・店舗・お客様とともに

地球温暖化の要因は、人間活動による過剰な温室効果ガス。その約90%はCO2です。これを削減するには省エネ・省資源に努め、ゴミを減らしていくことが不可欠となります。これまでイオンは店舗を中心にその取り組みを進めてきましたが、今回あらためて「商品」、「店舗」、「お客様とともに」という三つの視点で、私たちが地球温暖化防止のために取り組むことのできることを整理しました。
今後は、この三つの視点でCO2をはじめとする温室効果ガスの排出量を管理し、京都議定書の目標達成に向けた取り組みを実行していきます。

商品・店舗・お客様とともに

商品

  • 商品開発で、製造・配送過程を含め環境効率の最大化を図ります。
  • 商品の容器・包装に、環境負荷の低い新素材を積極的に導入します。

店舗

エコストア
  • ショッピングセンターや店舗の開発において、「エコストア」の展開を積極的に進めます。
  • 空調機や冷蔵ケース等の店舗設備の選定において、「脱フロン」を進めます。
  • マックスバリュ宮古南店の太陽光発電設備は「平成22年4月よりグリーン電力証書システムに参加し、本設備で自家消化した電力量の環境価値は環境省に帰属しています」

お客様とともに

マイバック
  • お客さまのグリーン購入の推進とともに、レジ袋削減へのご参加を、さらに呼びかけていきます。
  • 「イオンふるさとの森づくり」の積極的な推進とともに、森林資源の保護に貢献するため、原料に配慮した紙の使用を広げていきます。

「FSC認証」付き商品

FSC認証

「FSC認証」とは、伐採を厳しく管理された持続可能な森の木だけを使用しています。2006年から、「トップバリュ」を通じてFSC認証材を原料としたノートなどの紙製品の販売を行っています。

「海のエコラベル」付き商品
(MSC認定商品)

MSC(海洋管理協議会)厳しい原則と基準に基づく持続可能(サステナブル)な漁業の認証制度。

世界的に減少傾向にある水産海洋資源を守るために、適切に管理された持続可能な漁業を認証するのが「MSC認証」です。海のエコラベルと呼ばれ、トップバリュで「MSC認証」を取得した「海のエコラベル」付きの水産物を販売しています。

生物資源の持続可能性に配慮した商品を積極的に取り扱っていきます。